鼻から胃カメラ体験談

※私は相当びびりです。またお食事中の方はご注意を。


人間ドックで胃にポリープらしきものがあるという結果が出たので胃腸科のある診療所に行って来た。

前日診療所で問診をして午後九時以降の絶食をしているが不安と緊張(胃カメラと結果)から寝付けないまま向かった。

先生の軽い説明の後に麻酔と採血。

励ます看護師さん。
普通の胃カメラより全然ラクですよー、と。
私は胃カメラ自体を飲んだことが無いので実感は沸かない。
が、知人の体験談はロクなものが無かったので少しは安心する。
息も普通に出来るし、なんと話まで出来るらしい。

そんな説明を受けていると麻酔が効いてきた。
そして先生がやってきた。

細いボールペン程度の太さの胃カメラが鼻に入る。
異物感はもちろんあるが思ったより全然苦しくない。
なんだ、知人は話を盛りやがったな。余裕余裕。

そして、胃カメラが喉に差し掛かった。
私「ヴェー。」
先生「ゴックンしてくださいねー」
私「ゴク・・・ヴェー」

失敗。

先生「もっかい行きましょう」
私「ゴク・・・オ゛ェ゛ー」
看護師さんが背中をさすってくれる。これが本当に助かる。
が、失敗。一回胃カメラ戻してー、と思うが容赦なく再チャレンジ。

先生「はい、ゴックン」
私「ゴク・・・オ゛ェ゛エ゛ー」

また失敗したと思ったが今回は入ったらしい。

涙が出る。
ただ、息は普通に出来るのが嬉しい。

看護師「肩の力抜いてくださいねー」
私「フー、フー。」

力を入れているつもりは全く無いのだがどうしても入ってしまう。

先生「胃カメラが喉に当たるとウェッてなるんでアゴを引いたほうがいいですよー」
私は猫背なのでその姿勢を維持するのがなかなか難しい。

お腹の中でプシュープシューと何か冷たい液体をかけたり空気を入れたりすること数分。

先生「あ、説明しますねー」
説明より早く終わらせて欲しいと願いつつも目だけをモニターへ。
ピンク色のボコボコした管の中の映像。
先生「うーん、ポリープは無いですねー。ただ胃炎がありますねー。」
でっぷりとしたポリープがあるのかと思ったらそれらしきものは何も無かった。
本当は華麗に会話したかったが吐き気とヨダレとゲップで声を発する元気も無くただただ早く終わってくれと一心に祈っていた。
目でわかりましたとアピール。

先生「じゃあ検査しますんで胃壁を少し採取しますねー。」

ぎゃー。もうモニターどころか先生の手の動きすら見ていられない。
目を閉じる。

胃の中で先生と看護師の気合と共に暴れる胃カメラ。

何故か頭の中でAKIRAのテツオのシーンが浮かぶ。

別に痛くは無い、痛くは無いんだけど何か嫌なんです、わかって。

六ヶ所ほど採取してようやく終了。
胃カメラを飲んでる時間は体感的に二十分くらいだったろうか。

問診ではまあポリープに関しては多分大丈夫だけど胃炎がなんたらかんたらという説明を受けて二日分の胃薬を処方してもらって終了。二時間ほどは何も食べないでくださいという指示。
胃壁の検査結果は二週間待ちということでした。


まあ、出来る事ならもう飲みたくないです。
バリウムの五倍ほど嫌だ。
ただ、他の方の体験談を聞くに年々改良されてこれでも随分マシになっているようにも思います。
胃カメラ医療の発展を心より期待します。。。
ただ、良かった点としては見えない部分を目視できるというのは何よりも良いです。
自分の胃がどんな状態か確認できるのは安心できるから精神的にもプラスでしょうし。

診察料は一万円ほどでした。胃に不安のある方はお気軽にどうぞ。
日記を材料とする際はソース確認と自己判断が必須です
ブログ内からキーワード検索
近頃の日記
----------------
最新コメント
==================