クロス取引注意点メモ

信用売りと買いを同時にぶつけるクロス取引。
問題を起こさずに成立させたい、備忘録代わりに注意点を羅列してみる。
まあ、ひっかかる基準は証券会社ごとにあいまいなのでコレと言い切ることは出来ないみたいなのだが。


一、寄り付きの成り行きでクロスをしよう。
  これが一番問題ない取引かと。資金拘束がアレなので寄り付き直前の注文なら指値でも良さそうなんだけどもね。

二、50単位以下で。
  単位云々よりも金額で設定して欲しいなぁ。

三、出来高の細い銘柄ではやるな。
  コレがめんどい。そもそも出来高がどれだけあるかとかそんなのわかんないし。一日のうち取引シェアが20%を超えると警告電話が来る証券会社もあったり5%超えで注意メールが来る証券会社もあったりマチマチな感じ。

四、引けクロスはやるな。
  引値関与がなんたらかんたらで。手数料定額プランだとどうしても資金を回転させたくなってしまいますが。
  クロスなんだから引け値に関与は出来ないように思いますがね。


証券会社ごとの相違点
●松井証券
現渡しのクロスはやるなというお電話が。
あれ?それだと優待等の権利取りのクロスも禁止ということになるのかな。
なら、システム上でできなくすれば良いのに。
簡単にできるでしょう。早急に取り掛かられることを期待します。
お電話頂いた方に色々質問したのですがあまりルールをお分かり頂いておられなかったようなのが残念でした。
まあ一所懸命説明しようとはしてくれてたので別に腹は立たなかったのですが。

●GMOクリック証券
出来高の少ない銘柄でやるなというメール。
機械的な自動配信ぽいメール。
出来高のうち自分のシェアは5~10%程度以上で来るような。
東証一部銘柄でも出来高の少ないものは要注意か。
ただ電話で聞いたところ関与率は高くとも連日の高関与率で無ければ可(一日くらい50%を超えようが大丈夫)というメールとは違った返答。
それよりも成りでの売買の点に執着してました。
毎日銘柄を変えてたら問題無いようで。
・・・に、してもココに限らずGMOグループってコールセンターの質はかなり低いなぁ。。。
友達と話してるんじゃないんだからさぁ、もっとどうにかなんないの?
学生バイトが電話してんのかなと本気で思う。本当にひどいレベルしか当たったことが無い。
たまたま当たった担当がケンカ腰だったのかな、と思ってネットで調べてみたら自分だけじゃ無いみたい。
と、言うことはほぼ会社の体質か。
客にケンカ腰で何か得することってひとつでもあるのかなぁ。

●カブドットコム証券
特に何も言われなかった。
使い勝手は一番良いのだが手数料がちょっとねぇ。
コールセンターも非常に丁寧でこちらが恐縮してしまった。
まあGMOと比較してしまったからかもしれないけど。
ちょっとGMOにコーチしにいってあげてくれないかな、真剣に思ってます。

※一応補足しときますが証券会社は同じでも時期や担当社員によっても対応は大きく変わるかと思います。


感想
証券会社ごとに違ってしかもそのルールは曖昧で・・・となるとギリギリの探りあいにしかならない不毛な作業でした。明確な統一ルールを早期に確立すべきではないのかな、と思いました。
成り行きの売買でっていうのも意味なんかほとんど無いでしょ。
耄碌した方がこれらの変なルールを一生懸命考えたんでしょうな。

また時間ができれば株式信用取引手数料最安値水準のここでもやってみたいかと。
ライブスター証券

テーマ : 資産運用 - ジャンル : 株式・投資・マネー

日記を材料とする際はソース確認と自己判断が必須です
ブログ内からキーワード検索
近頃の日記
----------------
最新コメント
==================