犬も効果があるそうで

「キッズヘルパー」 認知症介護に力貸して 遊びや食事…歓声が和ませる
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090608-00000529-san-soci

・ふれあい、というかコミュニケーションというものが良い効果を生んでいるようです。
介護をされるばかりでは良くないのでしょうかね。
子供にとっても良い部分があるようです。
年寄りの話を聞くのはなかなか楽しいですから。
認知症というものを個人や家族だけなく社会全体で受け入れる時期なのかも知れませんね。
また、訓練された犬とのふれあいも同様の効果があるようです。
こうして見ると認知症の方も非常に人間的ですね。
まだまだ試行錯誤の段階が続きますが少しずつでも苦労が緩和できるようにしないと。


「以下抜粋」
認知症介護に子供のパワーをいかす取り組みが広がっている。あやとりや相撲といった遊び、食事、入浴などを通じて、高齢者と密接にかかわる方法だ。歓声を上げる子供たちは、側にいるだけでも高齢者を和ませる。さらに踏み込んで接することで、まだ偏見の多い認知症について理解を広げる狙いもある。

テーマ : 今日のニュース - ジャンル : ニュース

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日記を材料とする際はソース確認と自己判断が必須です
ブログ内からキーワード検索
近頃の日記
----------------
最新コメント
==================