学生数に合わせた一定の比率で大学を設置しないと

愛知の私大も募集停止へ=定員割れ続き、併設の短大も
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090612-00000099-jij-soci

・少子化が進む中でとてもレベルを維持なんかできるワケないだろう。
すでに無名私大は、さむらい商法と何ら変わりないことになりつつある。
昔は大学卒業というだけでエライというイメージだったが今では下手すると車の免許以下の価値にしかならないような気がする。
無駄に四年過ごすくらいなら早く社会に出て貢献するほうが本人にも社会にも有益であると思うが。
大学統合、廃止の流れは当面続くことになるであろう。


「以下抜粋」
私立愛知新城大谷大(愛知県新城市)が志願者数が少なく経営が成り立たないとして、2010年度以降の学生募集を停止することが12日、分かった。併設の同大短期大学部も同様に募集をやめるという。
 同大などによると、同大は04年に社会福祉学科のみの単科大として開校したが、当初から定員割れが続いていた。在校生は128人で、今年度は定員100人に対し、入学者は13人だった。

テーマ : 今日のニュース - ジャンル : ニュース

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日記を材料とする際はソース確認と自己判断が必須です
ブログ内からキーワード検索
近頃の日記
----------------
最新コメント
==================