スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これも世論に流され公約撤回なんですかねー

高速無料化、半数が反対=民主支持層にも異論-時事調査
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091017-00000058-jij-pol

・世論の声が強ければ公約もポンポン変えるんでしょ。
これも撤回ですかね。
でも良かったじゃないですか、赤字国債と相殺できるから。
赤字国債出したら辞任すると豪語してたしこれで助かるのかな。
ああ、でも公約守れなかったら解散とも言ってたような気がする。

しかし、公務員給与の削減にいつ言及する気なんだろう。
これをやれば責任追及回避の可能性もあるかもしれないのにね。

「以下抜粋」
時事通信社が17日まとめた世論調査によると、民主党が衆院選マニフェスト(政権公約)に掲げた主要政策のうち、賛成が最も多かったのは「公務員の天下り根絶」の73.0%。反対が最も多数を占めたのは「高速道路の無料化」の50.3%だった。
 調査は9~12日に全国の成人男女2000人を対象に個別面接方式で実施。九つの政策の中から、「賛成」、「反対」の政策を自由に挙げてもらう方法で行った。回収率は67.4%。
 それによると、「天下り根絶」に次いで賛成が多数だったのが「子ども手当創設」(44.4%)で、「ガソリン税などの暫定税率廃止」(43.1%)、「温室効果ガスの25%削減」(40.0%)が続いた。反対の政策では、「高速無料化」のほか、「八ツ場ダム、川辺川ダム建設中止」(24.6%)や「子ども手当創設」(21.1%)を挙げた人が多かった。
 それぞれの政策を支持政党別にみると、「天下り根絶」は民主党支持の80.1%、自民党支持の67.2%がそれぞれ賛成するなど、支持政党にかかわらず高い評価を受けている。一方、「高速道路無料化」については社民党支持の66.7%、民主党支持の50.0%が反対だった。同党支持の中で次に反対が多かったのが「子ども手当」の18.4%だったことをみても、高速無料化の不評ぶりが浮き彫りになった形だ。 

テーマ : 今日のニュース - ジャンル : ニュース

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日記を材料とする際はソース確認と自己判断が必須です
ブログ内からキーワード検索
近頃の日記
----------------
最新コメント
==================
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。