スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暫定税率の名前を変えただけ

ガソリン、1リットル5円減税=温暖化対策税で税率案-環境省
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091111-00000093-jij-pol

・あれだけ暫定税率を偉そうに自民党を叩いていて出た結論はこうですか。
「暫定」の文字を取り払って正式な税金にしてしまおうということですね。
民主がこの案にOK出したら流石に国民も騙されたと気づくのかな。。。
いまだに支持率が60%もあることが信じられません。
こういう事態が続出しているので、もうマニフェストなど意味をなさないよ。
綺麗事並べて、やっぱり無理でしたわと言えばそれでオシマイですか。

「以下抜粋」
環境省は11日の政務三役会議で、ガソリンなど化石燃料に課税する地球温暖化対策税(環境税)の税率案を決定した。現行のガソリン税率は1リットル55.84円だが、暫定税率を廃止して環境税を導入した後の税率を50.84円と設定。現行より5円の減税となる。近く政府税制調査会に提案し、2010年度の導入を目指す。
 環境税は、二酸化炭素(CO2)排出抑制のため、ガソリンや軽油、灯油などすべての化石燃料を対象に課税する。税率は原則炭素1トン当たり3900円としたが、石油石炭税の負担が軽い石炭や、消費者の負担能力があるガソリンについては税率を上乗せした。税収は2兆円を見込み、地球温暖化対策向けの政策や減税に優先的に充てる。 

テーマ : 今日のニュース - ジャンル : ニュース

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日記を材料とする際はソース確認と自己判断が必須です
ブログ内からキーワード検索
近頃の日記
----------------
最新コメント
==================
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。