スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

企業利益を第一に考えるべき

モノ言う株主劣勢 「持ち合い」増え監視機能低下も
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090328-00000092-san-bus_all

経営陣の利益を第一に考える理由がわからない。
理由づけも従業員のためだとか、まるで新たに買い付ける株主が悪であるかのようなイメージがかつてのファンド関係者の逮捕でこびりついてしまっている。
悪事を働くのはファンドだろうが経営者だろうが関係ない。

基本的に新たに買い付ける最初の理由は純投資であろうが、経営陣がふがいないとさらに買い付けられて経営権を奪われるだけのこと。
買収防衛策なぞ株主利益は1円も無い。
無能な経営者が会社にしがみつかれることこそのほうが会社利益、従業員利益、社会利益を損なうということは簡単に誰でもわかるだろう。
経営権を奪われるのが嫌ならMBOでもかけてさっさと市場から出て行けばよい。
買うだけ買わせてモノは言うななどとは経営陣は株券をただの紙切れと勘違いしているのであろうか。


「以下抜粋」
経営側と激しく対立してきた“モノ言う株主”が、ことごとく劣勢に立たされている。27日に株主総会を開いた楽天は、提携交渉が暗礁に乗り上げているTBSの株式を売却する方向で検討中だ。米系投資ファンドのスティール・パートナーズも、同日開かれたサッポロホールディングスの株主総会で提案を否決され、いずれサッポロ株を手放すとの見方が多い。株主側が金融危機による株価下落に耐えられなくなったためだ。多くの企業が敵対的な株主から身を守るため、“モノ言わぬ”持ち合い株を増やしてきただけに、株主による経営の監視機能の低下が懸念されている。

テーマ : 今日のニュース - ジャンル : ニュース

コメント

No title

>>株主による経営の監視機能の低下が懸念

これが物凄く嘘丸出しだよなwww

株式持合いが不祥事招いた
株主の監視が働かないから
ってのが一昔前の見方であった
んで、持ち合いやめた
んで、買収リスクが高まった
んで、買収かます連中は見事なまでのゼニゲバ系
不祥事なんざバレなきゃOK
やれ! やれ!
1円でも利益上げて配当よこさんかい!!!
ってノリの総会屋以上の連中

これに見事に応えれたのは、わずかな大企業と、
多くの不祥事発覚しないだけの、倫理観崩壊している経営者が引張ったベンチャー企業とやら
代表例の人達が沢山つかまりましたね。
彼らは株主優位の時代の寵児でしたねww

監視機能???
監視機能???
なんの監視機能???

働けよ ニートw

No title

ニッポン放送騒動から、産経はファンドとかにとにかく烈火のごとく怒っていたよな。
金の亡者とか、資本原理主義とか
いつからなんだろう
少なくとも去年からは、もう昔の産経に戻って、また株主マンセーを繰り返している。
この大きな路線転向は何がそうさせたのだろう???

北尾に怒られたのか?

フジ産経も大変だなw
株主が一番偉いんだーーー
社会が悪いんだーーー

働けよ ニートって感じだよねw

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日記を材料とする際はソース確認と自己判断が必須です
ブログ内からキーワード検索
近頃の日記
----------------
最新コメント
==================
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。